あまり知られていない?光脱毛とレーザー脱毛の違い

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s

光とレーザー混同していませんか

近年話題の脱毛方式といえば、光方式とレーザー方式です。
いずれも目にはほとんど見えない光やレーザー光を照射する方式であるため、両者の違いが分からない方、同じものだと混同している方が少なくありません。
確かに共通項もあります。
いずれもムダ毛の黒や茶色のメラニン色素に光が反応して、毛や毛根を処理する方式です。
そのため、退行期・休止期の毛や皮膚と毛の色に差がないほど日焼けしていたり、白髪の処理は難しく、成長期にある毛を毛周期に合わせて施術する必要があります。
ですが、その効果はかなり異なるのです。

そもそも施術できる場所や人が違う

レーザーとフラッシュとも呼ばれる光方式は、光の種類が異なります。
レーザーは同じ波長で同じ方向を向いており、部位に集中的に当たります。

一方、光は波長がバラバラで向かう方向もバラバラに当たります。
つまり1点集中型ではなく、広範囲に広がるイメージです。
効果としてはレーザーのほうが強力であり、黒い毛に反応して毛の周囲の細胞を破壊するため医療行為とみなされています。
そのため、レーザーはクリニックでしかできず、通常、美容クリニックにおいて美容皮膚科の専門医が行います。
これに対して光はレーザーより弱いため、エステサロンや脱毛サロンで、技術を身に着けたエスティシャンが行えるのです。

お肌への負担や処理スピードについて

強力性という点ではレーザーのほうが優るわけですが、光脱毛にもメリットはたくさんあります。
まず、お肌に優しいことが挙げられます。
レーザーは強力な分、お肌が敏感な方は赤くなったり、ヤケドやシミが残るケースがあります。
また施術の際、ゴムで弾かれるような痛みがあるため、これが辛いという方も少なくありません。
この点、光は一瞬ほんの軽い痛みを感じる程度で、光も弱いためお肌への負担が軽く済むのです。
また、施術範囲がレーザーより広いことから、スピードを求めるなら光に軍配が上がります。
レーザーは1秒で約10本の施術が可能で、両ワキなら約10分かかります。

これに対して、光の場合1秒で約200本の施術ができますので、両ワキは3分で施術でき、時間がない方やサロンに滞在する時間を短くしたい方、全身を短期間で処理したい人に向いています。

効果と料金は比例する

一方、レーザー脱毛のメリットは効果の強力性と医師のもとで施術が受けられる安心感です。
光にせよレーザーにせよ、お肌が弱い方や体質的にお肌に合わない場合には何らかの肌トラブルが生じるおそれがあります。
皮膚科の専門医のもとで施術を受ければ、お肌のフォローもしっかりしてもらえて安心です。
ただし、保険の利かない医療行為である分、光脱毛よりお値段は高くなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ